仮想通貨には欠かせない技術、ブロックチェーンとは?仕組みを詳しく解説

仮想通貨には欠かせない技術、ブロックチェーンとは?仕組みを詳しく解説 解説
この記事は約5分で読めます。

仮想通貨には欠かすことができない技術であるブロックチェーン。
その技術は現在仮想通貨だけではなく、金融業界にも使われるようになり、
金融と技術を結び付け革新していくという意味の「フィンテック」という言葉がメディアなどで取り上げられることが多くなってきました。

今回はそのブロックチェーンについて使うことによって得られるメリット、デメリットや
その仕組みを初心者でもわかるように詳しく解説していきます。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは?
ブロック:取引内容を記録した集合体
ハッシュ:前のブロックの取引情報を要約した小さなデータ
Nonce :ハッシュ計算に必要な数値

ブロックチェーンとは、簡単に言えば分散型の台帳です。
取引のデータ(履歴)を「トランザクション」と呼びます。
そして、複数のトランザクションをまとめたものを「ブロック」と言います。
このブロックが連なるように保存されている状態が「ブロックチェーン」です。

ブロックチェーンはデータの管理方法にも改ざんを防ぐ仕組みを備えています。
過去のブロック情報に変更を加えた場合は変更したブロックから算出されるハッシュ値が以前と異なり、
そのあとに生成されたすべてのブロックのハッシュ値も変更しなければならないため、
そうした変更は事実上できないようになっています。

こうしてネットワークに参加している全てのユーザーが同一の台帳(記録)を共有することで、情報の信ぴょう性を確保しています。

また銀行のように管理機関などがないため、権限が一箇所に集中することはないため、
システム障害に強く、低コストで運用ができるとブロックチェーン技術の今後の活用が期待されています。

ブロックチェーンの仕組み

ユーザー同士で管理をし合う台帳

ユーザー同士で管理をし合う台帳

ブロックチェーンは、一箇所に集中して管理ではなく分散しており、
ネットワークに参加しているユーザによって管理しています。
この形式を P2P(ピアツーピア)方式 といいます。

ブロックチェーンは、ユーザーのコンピューターの処理能力を使って取引の承認と管理をしています。
一元管理されているサーバーなどでは、そのサーバーが壊れた場合、データの管理や取引の承認ができませんが、
複数のコンピューターで管理されているブロックチェーンでは、もし一箇所のコンピューターが壊れたとしても、
他のユーザーのコンピューターで管理や取引の承認が可能です。

ブロックはハッシュ値で暗号化

ブロックはハッシュ値で暗号化

取引のデータ(履歴)であるトランザクションには、
取引の詳細な内容が記録されブロックになります。
この取引の履歴データは、誰でも確認できます。
ただ、ハッシュ関数によって暗号化されているため履歴は見れますが、
取引の内容は見ることができません。

ハッシュ関数とは、元となるデータから一定の文字数の不規則な文字列を生成する関数です。
同一のデータであれば同じハッシュ値が生成されますが、内容が少しでも異なれば全く異なるハッシュ値が生成されます。
また生成された文字列から、元のデータを読み取ることができない特徴があります。

ブロックには、ハッシュ関数によって暗号化されたトランザクションと直前のブロックデータのハッシュ値が含まれています。
直前のハッシュ値と、「ナンス値」という特別な数字を見つけ出すことにより整合性が取ることができ、
ブロックがブロックチェーンへ新たに追加され取引は承認されます。

仮想通貨などはこの承認をされることで、送金や受金ができるようになります。

仮想通貨で承認作業をすると報酬が貰える?

仮想通貨で承認作業をすると報酬が貰える?

ビットコインなどの仮想通貨ではブロックの承認作業を行うことで報酬が貰えます。
マイニングという言葉を聞いたことありませんか?

ブロックの整合性を確認するためには、膨大な計算能力が必要です。
この承認作業をすることをマイニングと言い、この承認を成功させた人に、
仮想通貨での報酬が支払われます。

仮想通貨は発行上限枚数がありますが、
新規で発行できるのはこのマイニングの報酬としてのみです。

ブロックチェーンのメリット

データの改ざんは実質不可能

データの改ざんは実質不可能

先ほども紹介したとおりブロックチェーンは暗号化され、ユーザーのコンピューターに分散して保存されています。

また、その暗号化されたデータはハッシュ関数によって不可逆性があるため、特定することはできません。
仮に意図的に改ざんすれば、分散したデータとの整合性が取れないため、そのデータは承認されません。

原子コンピューターなどがもっと実用的になれば、膨大な計算能力によって改ざんが可能な場合がありますが、、
今の段階ではそれほどの強力な計算能力がないためまず無理です。

システム障害に強い

システム障害に強い

一元管理せずに、分散することでシステム障害が起きないというメリットです。
このシステム障害の強さで金融はもちろんチャットアプリやサイトなどでも活用が進んでいます。

スマートコントラクトによる契約の効率化とコスト削減

スマートコントラクトによる契約の効率化とコスト削減

スマートコントラクトという技術を使って契約をする際に第三者機関(仲介者)を通すことが多かった契約でも、
自動的に契約をすることが可能になるため、不正を防ぐための紙面への捺印やサインなどが不要になり、
コストの削減と、契約の効率化が可能です。

ブロックチェーンには暗号化、分散管理によって契約内容の改ざんを防いでいるため、
証券や不動産取引、ローンのような契約が複雑で第三者機関による審査などが必要な領域において活用が進み始めています。

ブロックチェーンのデメリット

一度間違えて記録された情報が変更できない

一度間違えて記録された情報が変更できない

記録された情報が、分散管理され改ざんを防いでいるブロックチェーンの仕組みですが、
もちろんデメリットもあります。

例えば、契約する際の個人情報などを間違えたり削除要請があった場合は、
そのデータを変更したり削除することができません。

そのため、個人情報はブロックチェーン上ではなく別の個所で保存をしておく必要があります。

取引量が増えると承認が遅くなる

取引量が増えると承認が遅くなる

取引量が増えるとその分、承認作業が必要になります。
ビットコインなどでは取引量が急速に増え、送金に時間が掛かったり、
送金の承認がされない、取引の際の手数料が高くなるなどの問題があります。

ただ、ビットコイン自体も対策やアップデートを行っており、
その問題も徐々に解決していくでしょう。

まとめ

ブロックチェーンの技術は、仮想通貨はもちろん、
今後は金融業界にとっても欠かせなくなっていきます。

また契約の効率化によって、
不動産やローンなどの企業にとっても、
大きなメリットがあります。

また個人のユーザーでも、
生活の利便化などに大きくメリットをもたらすといわれていますので、
今後の活用に期待です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました