【仮想通貨】取引所独自トークンの特徴&価格を解説!

【仮想通貨】取引所独自トークンの特徴&価格を解説! 解説
この記事は約8分で読めます。

今、仮想通貨の話題の中で特にホットな取引所の独自トークン(独自通貨)。
今回は、その独自トークンについて特徴や違い、メリット、デメリットなどを紹介していきます。

独自トークン(独自通貨)とは?

独自トークン(取引所トークン)とは?

独自トークン(取引所トークン)とは?

そもそも独自トークンとはどういったものなのでしょうか?

取引所トークンとはその名の通り、
仮想通貨取引所が発行する独自の通貨で、
取引所トークンを使うとその取引所での手数料が保有数に対して何%か割引されたり、
新規通貨の上場や取引所の運営を決定する投票権として、
また保有数に対して毎日または取引ごとに配当が貰えるなど
保有すればするほど取引所から優遇される通貨になります。

最近ではこの取引所トークンを発行する仮想通貨取引所が増えています。

というのも仮想通貨取引所はお金が集まりやすく、
取引所で取引される量が多ければ多いほど取引所にとっても利益になります。

その為、集客や取引の増加を促すためにどこの取引所でも独自のトークンを発行しているのは
こういった理由からも当然と言えるでしょう。

独自トークン(取引所トークン)のメリット

上でも少し述べましたが、もう少しメリットについて詳しく解説していきます。

独自トークンは売買できる

取引所トークンは、
保有するともちろん他の通貨と同じように価格が上下します。

取引手数料の割引だけではなく、
独自トークンを価格が上がった時に売れば、
利益を上げることができます。

ただ、中には何日間かロックアップ(資産凍結)される取引所もあるので、
すぐに売買できない場合もあります。

配当について

取引所によっては取引手数料の利益を
保有数に対して何%か還元してくれます。

また上で述べたロックアップをすることで
配当が貰える取引所もあります。

どちらも自動的に配当されるので、
この配当を目当てに独自トークンを手に入れる方も多いですね。

独自トークンは価格が上昇しやすい

取引所がトークンを買い戻しトークンを使えなくする、
バーン(焼却)を行うことがあります。
このバーンをすることで必然的に流通量が減り、
希少価値が上がるため、独自トークンは価格が上昇しやすい傾向にあります。

ほとんどの独自トークンではこのバーンを定期的に行っており、
価格が上昇するため、その前に買う人が多いというのも上昇する要因として考えられます。

紹介制度

多くの独自トークンを発行している取引所では、紹介制度があります。
紹介することで独自トークンが貰えたり、配当の%が上がるなど様々なメリットがあります。

この紹介制度で月に何百万何千万という利益を出している方もいるというのが驚きです。

独自トークン(取引所トークン)のデメリット

これだけメリットが多い独自トークンですが、
デメリットももちろんあります。

取引所の閉鎖、倒産

デメリットとして大きいのは、やはり取引所の閉鎖です。
最近ではアイルランドの仮想通貨取引所Bitsaneが突如として閉鎖し、
25万人以上のユーザーの資金を持ち逃げしたと報じられました。

このように持ち逃げや突然の閉鎖などが起これば、
預けていた通貨や配当金などがすべて消えてしまいます。

ただ、取引所トークンを発行して上記のように持ち逃げや閉鎖などをすることは、
あまりないといっていいと思います。

なぜかというと独自トークンの価値というのはその取引所の信頼度に比例しています。
信頼がなければ売買もできずに無価値になるでしょう。

そういった面ではあくまでも可能性としてはこういったデメリットはありますが、
メリットのほうがやはり多いですね。

それでは次に独自トークンの特徴を紹介していきます。

Binance Coin(BNB)

Binance Coin(BNB)

通貨名BNB(バイナンスコイン)
総発行枚数2億枚
手数料割引50%OFF(1年毎に割引率変更)
配当なし
投票権あり
買い戻し&バーン4半期毎に20%
紹介制度500枚保有で利率UP

BNB保有のメリットとしては、
取引所割引、新規上場通貨の投票権です。

バイナンスでの取引手数料が割引になるということで、
注目を浴び、そのおかげで取引高量が大幅に増えました。
さらにBNBも数百倍に価格が高騰した独自トークンのパイオニアです。

価格が上がる要因として紹介した買戻しとバーンも行われており、
今後も活躍する有望な独自トークンになります。

また、バイナンスでは1,000種類以上の仮想通貨を取り扱っていますが、
取引をしている際に出る端数の仮想通貨を、BNBに変換することができます。

またこのBNBを使ってIEO(Initial Exchange Offering)に参加も可能です。

Huobiトークン(HT)

Huobiトークン(HT)

通貨名HT(フオビトークン)
総発行枚数5億枚
手数料割引あり
配当なし
投票権あり
買い戻し4半期毎に20%
紹介制度手数料の30%

HT(フオビトークン)は先ほど紹介したBNBと同様にETH(イーサリウム)ベースの独自通貨です。

HTは基本的な特典としてはBNBと同じですが、
Huobiで手数料を割引するにはVIP会員になる必要があります。

またHuobiではHTをペアとして通貨の購入が可能です。

また買い戻したHTはバーンではなく投資家保護基金として使用されたり、
HTの保有者には不特定なエアドロップがあったりとBNBとは違う特典があります。

このHTですが、販売直後に数秒で売り切れるという人気を見せ、
価値も10倍以上上がっているので今一番熱い独自トークンと言えます。

OKExトークン(OKB)

OKB

通貨名OKB(オーケービー)
総発行枚数10億枚
手数料割引なし
配当取引手数料利益の50%
投票権あり
買い戻しなし
紹介制度あり※大口投資家

OKBを発行しているOKExは香港に本社があり、
取引高も世界で有数の取引所です。

大きな特徴として、
OKExの手数料利益の50%を、OKB所有者に配当されることが、
他の取引所と違った特典となり、話題になりました。

また取引手数料は通常の通貨ペアでは割引はありませんが、
OKB建ての売買手数料は無料となっています。

OKBは運営側の買い戻しがありませんが、
その代わりにホルダーは配当がある為、
OKBトークンを買う希望者が多くいます。

その為、価格も上がりやすくなっています。

エフトークン(FT)

Fトークン(FT)

通貨名FT(エフトークン)
総発行枚数100億枚
手数料割引なし
配当手数料収入の80%
投票権なし
買い戻しなし
紹介制度なし

FcoinはHuobiの元CTOが立ち上げた新規の取引所で、
大手ベンチャーキャピタルが投資していることでも注目を集めている取引所です。

取引手数料の50%がFTとして還元されるというシステムを導入し、
Fcoinの取引開始からわずか2週間で一時的に取引量が世界一になり、
FTの価格も60倍に高騰し話題になりました。

特徴としては、Fcoin収益の80%をFT保有者の配当に充てるという高配当にあります。

この高配当が多くのユーザを集め、
一時的にではありますが、取引量が世界一になった要因です。

今後も期待できる独自トークンですね。

キャッシュトークン(QASH)

キャッシュトークン(QASH)

通貨名QASH(キャッシュトークン)
総発行枚数10億枚
手数料割引あり
配当なし
投票権なし
買い戻しなし
紹介制度あり(ASP経由)

QASHは世界中の仮想通貨取引を集約させるプロジェクト
「LIQUID(リキッド)」内での基軸通貨として誕生した独自通貨です。

QASHは未だ数少ない国内取引所での取り扱いOKなトークンで、
金融庁が認めているホワイトリストに入っている銘柄です。

QASHのICOでは、数日で多くの資金調達をしてQASHに注目が集まりました。

QASHは、QUOINEXはもちろんHuobi、Bitfinexにも上場しており、
QUOINEXの取引所トークンという特性よりも、
将来LIQUID内で使われる通貨として期待されている通貨です。

LIQUIDでは単に仮想通貨の取引をするだけでなく、
複数のフィアット(法定通貨)、多種多様な資産などと取引できるようになるとのことです。

まだ価格は上がっていませんが、今後の活動次第では価値が相当上がると思われます。

価格が安い今が狙い目かもしれません。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

いかがでしたでしょうか?
今回は、取引所の独自トークン(独自通貨)について紹介しました。

多くの取引所が独自のトークンを発行しているので、
特徴やメリット、将来性なども合わせて考察して、
持っておくのは堅実だと思います。

BINANCE、Huobi、OKEX辺りは、
取引所の規模も考えるとおススメだと思います。

新規仮想通貨取引所は、価格が上がりやすく儲けやすいですが、
閉鎖や持ち逃げの危険性があるということを忘れないでおきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました